読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の読書日記

読んだ本や本に関する日記

ジャニーズと日本

 今回は矢野利裕さんの「ジャニーズと日本」という本を読んでみました。私の妻がジャニヲタなのでその影響で読みました。日本の文化史とジャニーズの変遷を辿り、それへの考察をしていく新書でしたが面白かったです。ウチの妻からすれば常識的な内容も、私からすると目から鱗といった内容が沢山あり、新鮮な感じでした。

 

ジャニーさんがアメリカ文化を日本に持ち込むことを当初の夢として掲げていたこと。それはいま現在も続いているけど、日本の文化様式がだいぶ変わってきて、アイドルに求められることも変わってきているということ。その狭間の中で、自身の個性をいかに打ち出せるかが課題になっている現在、非常に難しいスタンスで活動しているんだと思いました。

 

正直、思い入れの強さがあまりないこと、そして読み込みが浅いためかあまり感想が書けないし、大変だな~というフワフワした内容になってしまった。妻に話していろいろ教えてもらいたいとは思ったけど、そのための潤滑油としてはいい本でした。

 

ジャニーズと日本 (講談社現代新書)

ジャニーズと日本 (講談社現代新書)