読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の読書日記

読んだ本や本に関する日記

老人と宇宙

 

 ハヤカワ文庫から発売された「老人と宇宙」を読みました。相も変わらずSFに挑戦しております。作者はアメリカ出身の「ジョン・スコルジー」。この本少し変わっていて、自身がブログで公開していたこの小説が人気となって、本になったとか。現代のサクセスストーリーここに現る。

 

お話は75歳になった主人公が、宇宙へ行ってドンパチするという話。単純におじいちゃんが宇宙で戦争するなんて簡単な内容ではなく、どうして高齢の兵士が宇宙で戦えるのか?そもそも、宇宙の戦争って何が行われているのか?そういった疑問から物語は始まり、一定の結論を経て物語は進む。てか、これ続編あるんですよね~それ知らずに単発ものだと思って買ったから、この結末で終わろうと思えば終われるし、モヤモヤするなら続編への気持ちはわかるけど、単発好きにとってはキツイ!!

 

個人的には、戦争と人、そして宇宙が舞台なので人とエイリアン(未確認生命体とか)、子供と大人。こういう様々な狭間でもがき苦しむ主人公と、生きる意味であったり倫理観を読者に問うような内容かと期待して読んでいたのだが、そんなことはなく。ラッキーな主人公がどんどん階級が上がり、しまいには後の高齢者を率いる存在になっていく。そんな話でした。どんなもんだい。

 

比較的ライトな内容だし、展開もスピディー。仲間はバッタバッタ死ぬし。ただ、いろいろ詰め込みすぎて一つ一つがあっさりしすぎている印象が強いのもまた事実。続編読むかはちょっと考えてしまう。

 

老人と宇宙 (ハヤカワ文庫SF)

老人と宇宙 (ハヤカワ文庫SF)