読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の読書日記

読んだ本や本に関する日記

土の中の子供

 

 中村文則著『土の中の子供』を読みました。芥川賞受賞作。

 

タクシードライバーで生計を立てている27歳の青年。この青年には恐怖に自分から身を投じるという一種の癖のようなものがあった。そうなってしまった一つの原因として、青年の幼き日における虐待や過酷な日々が、青年に影響を与えていた。というお話。ここに、一人の女性とのやり取りも絡み、青年の心に影響を与えていくわけなんです。

 

別のサイトでこの本の他の人の感想とかを見ると、暗いけれども微かな希望に涙した。とか、文体が独特で惹きつけられる。とか、とにかく暗いけどただ暗くないという意見が多いように感じられました。それはそれでいいんです。私はこの本の感想ってうまく書けないんです。強いて言うなら、中村さんの本全般的に上手く感想が書けない。

 

私はこの本の主人公が持っている一種の破滅的な趣向を私も持っていると思う。ただ、理性だったり自分の家庭だったり、外部因子に大分助けられて今まで生きている気がしていて、もしどこかでこの歯車が狂っていたら、こうしてPCで感想を綴っていることはないと思う。10代くらいに命を落としていたように思える。そんな自分に似たような匂いを、この本からは感じ取ってしまって、他人事とは思えなくてうまいこと書くことができなんいんだと思う。

 

だからなのか、人にこの本を勧めると自分の内面をのぞきこまれる気がして、この本を勧めることができない。良いとも悪いとも言えない。自分の内臓奥深くにしまっておきたい。それくらい私にとっては特別な本です。

 

土の中の子供 (新潮文庫)

土の中の子供 (新潮文庫)