読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の読書日記

読んだ本や本に関する日記

ガソリン生活

 擬人化が好きだ。一時期流行した、「艦これ」や「刀剣乱舞」という類は元ネタの戦艦・刀剣が分からないから興味が持てなかったが、文豪ストレイドッグスのように亡くなった文豪を題材にわんちゃかされるとテンションが上がる。好きな文豪がどんな能力を有しているのか、どれだけ強いのか…宮沢賢治が好きだったので、あの朴訥としている感じが最高だった。まぁ、途中で読むのやめてしまいましたが。

 

伊坂幸太郎作『ガソリン生活』は現実に登場する車が喋る。というより、車が語り部で車の視点で物語が進む。カローラデミオアルファロメオ・タンクローリーヴィッツヴォクシーフェアレディZプリウスetc色々知っている車盛りだくさん。名女優の謎の死や生意気な天才少年、亨(とおる)のいじめなど、メインストーリーとあらゆる伏線が絡み回収されていく伊坂ワールドは今作でも十分な魅力なのですが、それ以上に私を引き付けたのは、車がみんな喋ること。かわいいの。車が喋るってかわいくないですか?喋ってると思うと、キュンキュンしてしまうのです。それこそ、ギアを六速に入れたくなるくらいのハイな気分に!

 

おそらく私のこの性志向は、トーマスからくる性志向だと思うのです。私、トーマス昔から好きなんですけど、彼ら汽車なのに話すじゃないですか?しかもかわいいし、個性的。愛くるしい。それを今作に感じたんですね。リアルの車が話してるとなると、もう悶絶。かわいいじゃない。伊坂さんって電車好きなんですかね?今作では電車が尊敬の対象だし、別の作品ではトーマス出てくるし。

 

なんでも結構ですが、今作読んで車がほしいな~と感じたので、若者の車離れ抑止に一役買いそうな気がします。私、若くないですけど。

 

ガソリン生活 (朝日文庫)

ガソリン生活 (朝日文庫)